お尻ニキビの原因

お尻にできるニキビの原因は、顔などにできるニキビのように
毛穴に皮脂が詰まってアクネ菌が繁殖することです。


デコルテや背中ほどではありませんが、実はお尻も皮脂の分泌量が
多い部位なのです。


しかも、お尻の皮膚や表面の角質層は、硬く分厚くなっています。


お尻はつねに下着に包まれていて、湿気がこもってムレやすく、
清潔に保つことが他の部位に比べて難しい場所です。


そのため、アクネ菌の繁殖しやすい状態になっているのです。


座っているとき、体重のほとんどはお尻と腰で支えています。
なので、下の面に接しているお尻の皮膚は常に刺激を受けていて、
それによって角質層が分厚くなってしまいます。


顔と同じく、過剰に分泌された皮脂が、分厚くなった角質層によって
外に出られず、毛穴の奥で皮脂をエサとするアクネ菌が繁殖して
炎症を起こすことによってお尻にもニキビができるのです。


お尻にニキビができているという状態は、とても恥ずかしいですよね。


しかも、お尻は自分ではなかなか見ることができないパーツなので、
気がつかないうちに悪化しがちです。


お尻のニキビも顔のニキビと同じで、悪化して炎症を起こすと
痛みを伴ってきます。


そうなると、イスに座っていることもつらい状態になります。
お尻のニキビは顔のニキビよりも大きく腫れたり、つぶれて膿が
でてくることもあります。


お尻は清潔に保ちにくく常にムレているパーツなので、1度炎症を起こす
と治るまでに時間がかかります。


治るまでに時間がかかるということは、それだけニキビ跡として
残りやすくなるということです。


お尻のニキビも顔のニキビと同じように、予防すること、
悪化させないようにすることが重要です。


お尻の角質層が分厚くなる原因は、新陳代謝の悪化とうるおい不足が
考えられます。


ストレスや運動不足、睡眠不足などによってお肌のターンオーバーが
乱れていると、不要な角質が溜まりがちになります。


これまでの経験では、生活習慣の改善を心がけて、ストレスを
溜めないようにするだけでも、お尻だけでなく身体中のニキビが
できにくくなります。


合わせて、お肌を柔らかくするために、お尻ケア専用の化粧品を
使って保湿をおこなうのもおすすめです。



NEXT>>お尻ニキビの治し方