お尻の黒ずみの原因

今までたくさんの方からお話を聞いてきて分かったのは、
お尻の黒ずみは痩せている方に多い、ということです。


痩せている人にできやすいのは、お尻の肉が少なくて薄いからです。

日本人の女性は欧米の女性に比べてもぺったんこな扁平尻が多く、
その為、痩せていいない人でもお尻の黒ずみなどの悩みを
抱えている人がたくさんいます。


お尻の肉が薄いと、座っているときに内側の骨に当たって圧迫され、
お肌が黒ずんでくるのです。


お仕事などで座っている時間が長かったり、硬いイスに座っている人ほど、
お尻の黒ずみができやすく、症状も深刻になりがちです。


お尻の黒ずみは、日常生活のなかでの摩擦によっても引き起こされます。
そのひとつが、下着との摩擦です。


ショーツのゴム部分がいつも当たっている足周りなどに黒ずみを
感じるという方が多くなっています。


また、身体を洗うときにはナイロンタオルでゴシゴシ洗っている
という方も注意が必要です。


ナイロンでできたタオルは皮膚よりもかなり硬い素材なので、
それでゴシゴシこするというのはお肌にとってとても強い摩擦や
刺激になるのです。


そんなことを毎日続けていると、お肌はそれに負けないために
角質を分厚くして対抗しようとします。


お肌の角質層が必要以上に分厚くなると、新陳代謝が正常に
行われなくなり、メラニン色素を含んだ細胞がいつまでも
お肌に居座ることで黒ずみとなってしまうのです。


お尻の黒ずみは、お肌の深い部分にまでメラニン色素が及んで
いなければ、いずれは新陳代謝によって新しい皮膚に入れ替わって
薄くなっていきます。


しかし、座ることによってお尻を圧迫する動作は毎日のことなので、
新陳代謝の速度よりも圧迫による影響の方が強ければ
お尻の黒ずみはどんどん進行してしまいます。


また、お肌が乾燥していると新陳代謝の速度も遅くなってしまい、
お肌がメラニン色素をうまく排出できなくなってしまいます。


なので、お尻の黒ずみが定着する前に、日ごろからしっかりと
保湿してお肌のターンオーバーを整えるケアが重要になってきます。



NEXT>>お尻の黒ずみケア方法|モデルもやっている解消術