おしりのあせもを早く治すコツとは?

あせも(汗疹)は、たくさん汗をかくことによってできます。


あせもというと、体温調節がまだ未熟な乳幼児や、お肌の弱い人
がなるとされてきましたが、近年の酷暑から普通の大人でもあせもが
できやすくなってきています。


通常は夏場にできることが多いのですが、おしりはムレやすくなって
いるので、1年を通してあせもができやすい環境にあります。


あせもを予防するには、汗をかかないようにするのが1番なのですが、
なかなかそうはいきませんよね。


なので、圧迫されない下着にすることが予防法のひとつになります。


ゴムが食い込むようなショーツを付けていると通気性だけでなく
血行も悪くなり、ゴムの刺激からかゆみが出ることもあります。


お尻部分の通気性をよくするためには、下着の素材も重要です。


昔ながらの綿素材のものが通気性がよく、お肌への刺激が少なく、
汗をよく吸うとされています。


また、小まめに洗い流すというのもあせもに有効です。


お仕事中や外出中にシャワーを浴びるというのは難しいので、
汗っかきの方は、綿素材のショーツを数枚持ち歩き、トイレに行った
際などに交換するというのがおすすめです。


一方でおしりを清潔に保っていてもあせもを繰り返してしまう
という場合、お肌の保湿機能が低下しているのかもしれません。

汗をたくさんかいてもあせもが出来やすい人とそうでない人が いますよね。
その差は、お肌のバリア機能にあります。


自宅でもできる、あせも全般に効果的な治療法

お肌の保湿機能が低下していて肌表面が乾燥していると、汗腺から
汗の排出がうまくいかず、あせもができやすくなることがあります。


そういったときには、お尻専用の保湿ジェルがおすすめです。
『ピーチローズ』は、お尻専用の保湿ができる医薬部外品なので、
安心して使うことができます。


お尻をしっかりと保湿することで皮膚の機能が正常になり、
汗の排出もスムーズになるので、皮膚の下に汗が溜まるということも
少なくなります。


『ピーチローズ』には、保湿効果だけではなく美白効果もあるので、
あせもを繰り返して色素が沈着してしまった跡にも有効です。